アレルギーとの関係

マヌカハニーとアレルギーの関係とは

昔から健康や美容に良いとされるはちみつですが、マヌカハニーは特に高い栄養価であり注目を集めています。
自然のものなので、誰もが安全に摂取出来る事もマヌカハニーの魅力です。

しかし、稀にアレルギーが発症してしまうケースもあるようです。
そのアレルギーとマヌカハニーの関係性とは何なのでしょうか。

稀にアレルギー反応が出る

マヌカハニーは天然の食品なので、薬品とは違い基本的に副作用の心配はありません。

しかし、マヌカハニーの栄養素やハチ関連のアレルギーを持っている方が摂取してしまうと、アレルギー症状を発症してしまう事があるのです。
症状は一般的なアレルギーと同様に、皮膚にかゆみや湿疹といった反応が出てきます。

通常のはちみつを食べた時にアレルギーが出た経験がある方は、栄養価が高いマヌカハニーであっても食べる事は避けた方が良いでしょう。
もし食べて症状が発症してしまった場合は、すぐに皮膚科へ受診するようにしてください。

はちみつアレルギーの場合は塗布にも注意

マヌカハニーは食べるだけではなく、傷に直接塗る事や美容パックとして塗る事でも効果へ期待出来ます。

しかし、はちみつアレルギーの方は摂取以外にも、スキンケアとして肌に塗る事も避けた方が良いでしょう。
皮膚に塗った部分がアレルギー反応を起こし、かゆみやかぶれといった症状を発症してしまう可能があるので注意してください。

パッチテストで安全を確認して摂取

日常生活で自分がアレルギー体質だと理解していない方も少なくありません。
マヌカハニーを摂取したい場合自分がアレルギーかどうか不安な時は、少量の摂取が良いです。

そして、肌に塗る場合にも目立ちにくい肌に少量を塗り、パッチテストを行う事でアレルギー体質かどうか確認出来ます。

マヌカハニーには花粉症などのアレルギーを改善してくれる効果にも期待が出来るので、はちみつアレルギーでなければぜひ活用して改善させましょう。
しかし、はつみつでのアレルギーが出てしまった場合には摂取を中止し、医師へすぐに相談してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ