賞味期限はどれくらい?腐るのか

一般的な賞味期限

純粋なマヌカハニーやハチミツは抗菌作用があるので腐ったりカビが生えてしまうことは、ありません。
ただ、マヌカハニーに限らず全てのハチミツには賞味期限が設けられています。

これは、日本の法律で賞味期限表記が定められており、あくまでも販売元が推奨する期限となります。
賞味期限を過ぎてしまったからといって腐るということはありません。

ただ賞味期限後は風味は落ちやすくなるので、なるべく賞味期限内に食べることをオススメします。

マヌカハニーが腐らない理由

マヌカハニーの本場のニュージーランドでは、賞味期限の表示がないそうです。

腐らない理由として、マヌカハニーの持つ強い殺菌力と、水分が非常に少ないことと、糖濃度が高いことが理由に挙げられます。
これらの環境下ではカビや細菌が繁殖しにくいためしっかりと密封していれば腐る心配はありません。

しかし、加工品やブレンドはちみつなど、純粋でないハチミツはカビが生えてしまいます。

マヌカハニーの正しい保存方法

販売元が推奨する保存方法を守って下さい。
基本的には、高温多湿や日光を避けて常温保存が推奨されています。

夏の時期、暑さが気になる人はその期間だけでも冷蔵庫で保存すると良いでしょう。
特に開封後は、しっかり密封して保存方法を守る必要があります。

開封後は賞味期限内でも風味が落ちやすくなるので、なるべく早めに食べると良いでしょう。

マヌカハニーの劣化を避けるために

マヌカハニーをスプーンなどですくうときは、必ずキレイなスプーンを使うようにしましょう。
舐めたスプーンや、他の食品が付着したスプーンを使うと、他の不純物と混ざってしまいます。

また、使用した後はすぐに蓋を閉めて密封させましょう。蓋を長時間開けっ放しにしていると異物が混入してしまう恐れがあります。
いくら殺菌効果が強くても、マヌカハニーの風味を損ね、劣化させてしまいますので気を付けるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ