マヌカハニーとノロ、どんな関係があるのか

一日の摂取量は守ろう

はちみつよりも100倍以上の抗菌成分が含まれているマヌカハニーは、体内に入っても抗菌効果を期待することができます。
一般的には、こうした抗菌作用というのは、体内に入ってしまうと弱くなってしまいます。

マヌカハニーは、体内で維持することができるので、季節的に発生するインフルエンザやノロウィルス、その他予防をすることができます。
一日に摂取する目安としては、小さじで6杯程度と言われています。

摂取するタイミングですが、食前がおすすめです。
マヌカハニーは色々なところで効果を期待できるので、より実感しやすくするためにも一日の摂取量とタイミングは守るようにしましょう。

高殺菌力のあるマヌカハニー

マヌカハニーの殺菌力は大腸菌を殺菌してくれるくらいの力を持っています。
ですので、冬場に訪れるノロウィルス対策におすすめです。

ノロウィルスに感染してしまうと、まず3日程苦しむことになります。
健康な体を取り戻すためには一週間ほどの期間が必要になります。

マヌカハニーは、事前に予防対策のために摂取することも可能ですし、ノロウィルスに感染したあとでも効果を期待することができます。
感染後は、体内にノロウィルス菌がとどまっている状態です。
その状態にマヌカハニーを体内に取り入れてあげることで、高殺菌力を発揮してくれるので、通常よりも早く体調を取り戻すことができます。

体調管理のためにも、ぜひマヌカハニーを取り入れた生活にしましょう。

直接食べても問題ない

メリットの多いマヌカハニーは、そのまま摂取してもいですし、お料理に使っても問題ありません。

砂糖よりもカロリーが低くなっているので、ダイエットしたいなと思っている人におすすめです。
紅茶やコーヒー、ヨーグルトに入れてもおいしく食べることができます。

酸味のある果物にかけて食べることで、酸味を消すことができるので果物に苦手意識を持っている人にもおすすめです。
マヌカハニーははちみつですので、1歳未満のお子さんには食べさせないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ