産地はどこか?どこ産を選ぶべきか

マヌカは何処でとれるのか

強力な抗菌作用がある事から人気が高まっているマヌカハニーはニュージーランドで自生をしている背丈の低い木です。

非常に強度の高い木で、のこぎりを使って簡単に切る事が出来ない程だと言われています。

春からは小さな花を咲かせ美しい姿を見る事が出来ますが、この木から抽出されたオイル等はとても抗菌作用が強く、昔から薬として扱われてきました。
そして、この小さな花から摂れる自然の蜂蜜は特に注目をされています。

品質を見極めて摂取をしよう

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因と言われているピロリ菌に対しても殺菌が期待されるマヌカハニーにはいくつかの品質をチェックする表記記載されています。

MGOの値やMGOの含有量と書かれており、100.250.400.550という数字がそれを表しています。
数字が大きい程抗菌レベルが高いですが、550は非常に希少価値があるものですので、どういった目的で使用するのかを考え使い分ける事をおすすめします。

継続をする事が大切

マヌカハニーは体に良いからとどんどん体に取り入れれば良いと言うわけではありません。
マヌカハニーは非加熱の蜂蜜ですので、小さな子供に食べさせるのは好ましくありません。

また、原料はハチミツですので、大量に摂取をすると肥満の原因となってしまいます。
1日当たり、スプーン1,2杯くらいを目安に毎日継続をするようにしましょう。

また、高額な商品が効果が高いのでは?と無理をして購入をするのはやめましょう。
UMFが低いものでも毎日継続をする事が大切です。

原液にこだわらずに

蜂蜜の王様と言われているマヌカハニーを実際に食べると薬のように感じる人がいます。
これは、MGOが多く含まれている程そう感じる人が多いようです。

その為、毎日飲む事がストレスに感じる人もおり、途中で挫折をしてしまう人も実際にいます。
しかし、そういった場合にはサプリメントで代用をする事も可能ですので検討をしてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ