マヌカハニースプレーとは?

マヌカハニーと保湿

マヌカハニーは抗菌作用が高いことが注目され、民間医療などで昔から研究されていました。
高い殺菌作用から『マヌカハニーを傷口に塗ると良い』といった使用方法も知られていますが、中でも『のどの痛みにははちみつがよく効く』といったイメージがついているように、マヌカハニーは風邪対策や風邪の引きはじめ、あるいは日頃からののどのケアなどに使われる方が多いようです。

実際、殺菌の他にも粘膜を保護してくれるような作用もあるため、のどの粘膜を保湿して乾燥やホコリといったのどに悪影響のものから保護してくれています。
のどに侵入したウィルスを身体の外へ出そうとするために『咳』が出るので、ウィルスを殺菌してくれるマヌカハニーを舐めることで自然と咳の症状も落ち付いてくる、といった効果も期待されます。

のどが痛い時のマヌカハニーを手軽にとる方法としては、ホットミルクや白湯などのあたたかい飲み物と一緒にとると良いとされています。
風邪の場合は、体の内側からあたためてくれる生姜湯との組み合わせもお勧めです。

ちなみに、瓶から直接スプーンですくって舐めるといった方法ものど飴と同じような効果があるとされていますし、マヌカハニーでお手製のど飴を作るレシピなどもありますので是非お楽しみください。

便利なスプレータイプもあります

のどの痛みや咳の症状への効果が期待されているマヌカハニーですが、その都度『瓶から取り出して舐める』といった方法は、外出時には難しいですよね。
特に、風邪の引きはじめは日中のどがイガイガして痛かったりしますし、建て物の中が乾燥していたりすると更にのどへの痛みを感じてくる時もあると思います。

そんな時に便利なのが、のどに直接吹きかける事が出来るのどスプレータイプです。

スプレータイプであれば、患部に直接シュッとつけることが可能ですし、サイズ的にも持ち運びにも便利なのが嬉しいところです。
殺菌作用の面から、口臭予防や口内炎にも効果が期待されているので、そういった場合にもスプレータイプだと便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ