武州養蜂園のマヌカハニー


参考:https://www.bushu38.com/

武州養蜂園のマヌカハニーは、ニュージーランドの養蜂場から取り寄せ、国内の工場でクリーミー状にしてから発売をしています。
武州養蜂園では、3つのポイントにこだわり、マヌカハニーを生産しています。

どこで採蜜したのかを明確にしている

はちみつを販売するにあたり、一番気になってくることは採取先です。
原産地がどこなのかをしっかり明確にすることで、安心できるマヌカハニーを販売することができます。
武州養蜂園では、タラナキ地方にあるマヌカ原生林で採取しています。
この場所で採蜜した場所、季節、方法などをしっかりと伝えているので信頼できます。

クリーミーに仕上げている理由

武州養蜂園のマヌカハニーはクリーミーになっているのが特徴です。
なぜ、クリーミーにするのか。
それは、ニュージーランドの気候と関係があり、はちみつは湿度が低いところだとすぐに結晶となってしまいます。
この状態で販売をしてしまうと、利用する時にスムーズに取ることができなくなってしまいます。

そこで、武州養蜂園では容器へ入れ替える時に撹拌し半結晶状態にします。
これを行うことで、クリーミーな状態になるので取り出しやすくなります。
更に、マヌカハニーを食べたことがない人の場合最初抵抗を感じてしまいます。
しかし、クリーミーな状態にすることで抵抗なくおいしく食べることができると、高い評価を受けています。

活性値の分析もおこなっている

ニュージーランドから輸入されたあと、抗菌度を測定してから生産を行っています。
日本の食品衛生法の他に、314種類以上もの農薬検査をしているので、安心sて食べることができます。
そして、武州養蜂園のマヌカハニーは人工甘味料を使わずに、本来の甘さで提供をしています。
ですので、大人はもちろんのこと子どもにもおすすめです。

マヌカハニーは、様々な食べ物や飲み物に利用することができたり、味に臭みや独特さがないので、健康管理や甘いものを控えようという方はぜひ利用してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ