ゴールデンフィールド・マヌカハニーの特徴


参考:http://www.depre.jp/SHOP/SM15250.html

管理が徹底されている天然100%のマヌカハニー

ニュージーランドで年間で数週間しか花を咲かせない、マヌカの花から採蜜することあできるマヌカハニーは、希少価値の高いはちみつです。
ゴールデンフィールドのマヌカハニーは、添加物を一切利用していない天然100%です。

マヌカハニーの本場であるニュージーランドから直輸入しています。
そして、世界標準の衛生管理方法であるHACCPを導入し、品質や生産の管理を徹底しています。
HACCPを取り入れている理由は、採蜜から出荷をする前に間、化学物質や農薬などが混入しないようにする為に行っています。
そして、ゴールデンフィールドのマヌカハニーは、高品質を維持する為にUMFHAを設立しました。
そして、商品にもランセンスとロゴを表示することができる非常に安心と信頼感の高いマヌカハニーとして有名です。

茶色の容器にこだわっている理由

ゴールデンフィールドのマヌカハニーは、茶色の容器に入れられています。
これは、マヌカハニーが熱に弱いからです。
熱に当たってしまうと、味はもちろんのこと品質も変わってしまい本来のマヌカハニーを楽しむことができなくなります。
これを防止する為に、ゴールデンフィールドでは茶色の容器を使い高音、直射日光を避けているのです。
更に、ボトルには遮光性の高いものを使っているのでよりマヌカハニーに最適な環境となっています。
温度も、30度以下を維持し出荷をしています。

マヌカハニーの特徴

マヌカハニーは、はちみつにはないビタミン、ミネラル、アミノ酸など美や健康に欠かすことのできない成分がたくさん含まれています。
日本だけではなく、世界中で活用されていて貴重な存在として注目を浴びています。
栄養バランスはもちろんのこと、健康対策の1つとして取り入れるという人も多くいます。
マヌカハニーは独特な味で、苦手意識を持っている方もいますが、ゴールデンフィールドのマヌカハニーは後味さっぱりなので初めて利用する方でも苦手意識を感じることなく飲み続けることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ