どんな栄養が入ってる?

マヌカハニーの注目される成分・メチルグリオキサール

マヌカハニーには高い抗菌作用があり、この作用が強く働いてくれるおかげで風邪や感染症、その他の病気に効果が期待出来ると言われています。
この抗菌作用は、メチルグリオキサールということが2008年に発見され、知られるようになったのです。
このメチルグリオキサールはマヌカハニーだけではなく、様々な食材にも含まれているのですが、その量はかなり少なく抗菌作用を強く発揮されるほど含まれてはいません。
しかしマヌカハニーにはメチルグリオキサールがたくさん含まれており、抗菌作用を持つと言われている普通のハチミツの100倍になるとも言われています。

そのため、少量のマヌカハニーを摂取することで大量のハチミツを摂取した時と同様の抗菌作用が得られる程濃縮されているのです。

メチルグリオキサールが胃腸を健康に!

現代の日本人の半数以上の胃にはピロリ菌が存在していると言われており、このピロリ菌によって胃炎の発症や胃がんにつながってしまうとも言われています。

しかし、マヌカハニーにはピロリ菌の殺菌効果があることで注目されるようになりました。
また、大腸菌や黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌などの腸内細菌の殺菌効果も期待でき、しかも乳酸菌などの腸内で良い働きを示してくれる善玉菌は殺菌ではなく活発化させてくれるという腸にとって大変良い効果を発揮してくれます。

ビタミン・ミネラルなどの栄養素も豊富!

マヌカハニーにはメチルグリオキサールだけでなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸、オリゴ糖など様々な栄養素も豊富に含まれています。
そのため風邪や感染症などに掛かってしまった時もそうですが、普段の不足しがちなビタミン・ミネラルなどの補給や、オリゴ糖が含まれているため腸内環境の正常化にも効果が期待できます。
マヌカハニーを普段からサプリメントのように摂取することで、健康な日々を手軽に手に入れましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ