唇に塗ってかわいくなれるってほんと?

荒れやすい唇はマヌカハニーでぷるぷるに

唇は皮膚の中でも薄く、すぐに荒れてしまうことが多い部分です。
とても敏感な部分なので、ヒリヒリ痛んだり、紫外線で色が悪くなってしまうこともあります。
唇がガサガサで皮がめくれていると、唇が汚くてかわいく見えないと悩む女性は多いでしょう。
唇はとても乾燥しやすく、リップクリームを塗って乾燥対策を行う人が多いと思いますが、リップクリームの油分や、摩擦によって乾燥と荒れを悪化させてしまう場合があります。
そんなときは、マヌカハニーを使ってぷるぷるなかわいい唇を目指してみませんか?

マヌカハニーの保湿力は唇を潤す

マヌカハニーには強い殺菌性と抗酸化作用があるので、昔から治癒にもよく使われてきました。
そしてハチミツには高い保湿力があります。
中でもマヌカハニーは保湿力に優れており、肌への浸透力も良いので肌の内側から保湿する効果があるのです。
また水溶性ビタミンとミネラルが豊富に含まれており、体の内部はもちろん、外側まで健康にしてくれます。

よくハチミツで唇をパックすると荒れに良いと言いますね。
それをマヌカハニーに変えただけで、劇的に唇の荒れが改善される効果に期待できるのです。
さらにマヌカハニーは殺菌作用も強いので唇にできた口内炎や、ヘルペスの改善にも良いと言われています。

唇パックで唇の荒れを改善しよう

マヌカハニーは天然のハチミツなので、リップクリームなどの化学成分は一切入っておりません。
マヌカハニーにはビタミンBやナイアシンなどお肌を整える成分が含まれているため、唇パックに使うことで、皮めくれやひび割れなどのトラブル対策におすすめです。

やり方はとても簡単です。
就寝前など清潔にした唇にマヌカハニーを塗り、その上からラップで軽く覆い、10分ほど経ったらマヌカハニーを洗い落とすと、ぷるぷるで潤った唇になっています。
これを続けているうちに、自然と唇の荒れはなくなり、綺麗な唇に自信がもてるでしょう。
また、マヌカハニーは美肌効果もあるので、唇パックと一緒に肌もパックすることのも手間が省けて良いのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ