マヌカハニーを食べると虫歯になる?

マヌカハニーと虫歯の関係性

 

マヌカハニーは甘味料をイメージして虫歯に掛かりやすいのでは?と思われる方も多いかと思います。
しかし、実際にはマヌカハニーを摂取することで虫歯になるどころか虫歯になりづらく、口内環境を整えてくれる効果を発揮してくれるのです。
まず虫歯というものは、口内に住んでいる虫歯菌が歯垢や歯石を分解するために酸を出し、それが歯を溶かしていくことで虫歯となってしまいまうのですが、マヌカハニーはこの虫歯菌の増殖を抑制し、さらに歯垢や歯肉炎などを減少させて口内環境を整えてくれるのです。
そのため、マヌカハニーは虫歯に効果的と言えるでしょう。

マヌカハニーは砂糖ではない!

マヌカハニーは甘いですが、砂糖などの甘味料とは違います。
虫歯菌が発生する酸の分泌を促進させてしまうスクロースという糖で構成されている砂糖は虫歯が出来やすくなっていますが、マヌカハニーはスクロースではなく、フルクトースとグルコースを主に構成されているので、虫歯の原因になりにくいとされています。
さらに、マヌカハニーは歯のエナメル質やリン酸カルシウムを安定化させることができるので、虫歯・歯肉炎予防などのオーラルケアに大変役立ちます。

オーラルケアに効果的な摂取方法とは?

オーラルケアを目的としてマヌカハニーを摂取する場合、普通に食事として摂り入れるよりも効果的な方法があります。
それはマヌカハニーを歯に全体的に塗った後、1分間そのままにしておき、経過したら唾液と一緒にマヌカハニーも吐き出すという方法です。
これを朝食と夕食後に取り入れたら虫歯菌が減少したという報告もされています。

ただ注意点として、この方法を行ってから30分間は飲食したり口をすすいだりしてしまうとせっかくの効果もなくなってしまうので注意しましょう。

また、この方法を行う前にまずは歯をきちんと磨いてから行うことで高い効果も期待できるでしょう。
現在ではマヌカハニーが配合されたオーラルケア商品も販売されていますが、他の健康効果もあることからマヌカハニーそのものの使用が一番のオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ